レーシックの真実

  1. TOP
  2. レーシックの点眼薬
  3. レーシックの後遺症に効く点眼液

レーシックの後遺症に効く点眼液

ジクアス点眼薬

新しい眼科に行くと、医師はたんたんとレーシック後の角膜は綺麗です。心配ないと言われた。

きれいなのはわかるがやはり、0.75ぐらいの過矯正は問題と言われた。

確かに、問題はないがこのつらさは問題あり。

眼精疲労とドライアイが辛い。

ジクアス点眼薬を取り合えず処方された。
ジクアス点眼薬は指すと目が潤う。涙が溢れてくる感じだ。

一日4回点眼するが、刺している間は涙が溢れて凄く効く。

レーシックのドライアイに効果がある。

辞めたら潤い感が無くなり、元に調子が戻るので永遠にジクアスが必要な気がする。

ジクアス点眼薬

ジクアス点眼薬

気づけばジクアス点眼薬だらけになってしまった。

思えばレーシックの後遺症にはこのジクアス点眼薬が一番効くのかもしれない。

それにしてもこんなに点眼薬ばっかりもらって、本当にどうなってるんだろう製薬会社は喜ぶかもしれないが、病院代のお金が本当に掛かって辛い。

ただ現状ではドライアイに一番効くのはジクアス点眼薬だと思う。

特にパソコン作業等の時に近くを見る作業が目がパシパシしてきつい。
このジクアス点眼薬を2時間に1回ぐらい注すことによって、本当に目が楽になる。

ただ、2日2本ぐらいのペースで使っているので、何度も何度も病院行かないといけない。
1回の診察でで4本しか処方してもらえないためだ。

しかし、なんとかこのジクアス点眼薬で戦って行こうと思う。

ジクアス点眼薬

ムコスタ点眼薬

ムコスタ点眼は、目が潤うというより、炎症が止まる感じだ。

ただ、レーシックの後遺症によるドライアイと普通のドライアイでは、根本的な効果が違うのかもしれない。

そもそも、レーシックで神経を切ってしまったドライアイにムコスタ点眼薬は効くのだろうか。

まず、最初の3日は全く効果を実感できなかった。

むしろ、痛みと赤みのような充血が酷い。

一週間ほど使うと、目の乾燥感は和らいできた。

本屋に行くと、また痛みが出てきた。結局、4週間使ったが炎症に効果があるが、潤い感が全くない。

途中でヒアレイン点眼薬も同時に刺したら、訳がわからないぐらい目が痛くなり、やはり個別に使うべきだと確信した。

結果、普通のドライアイには効果があるが、レーシックのドライアイには微々たる効果しかない。

ムコスタ点眼薬

ヒアレインミニ0.1%

レーシック後のドライアイの治療は基本的にヒアレイン点眼薬になる。

しかし、長いこと使い続ける人や防腐剤が合わない場合は、一回きりの使い捨てタイプのヒアレインミニ0.1%が存在する。

まるで使い捨てコンタクトレンズのような感じだ。

1つをちぎって余った薬液は捨てるようなタイプだ。

ヒアレインミニ0.1%を使うとわかるのだが、一回だけだとかなり薬液がボトルに残っているので捨てるのが勿体ない。
そのため、説明書きには開封したら捨てろとあるが、サランラップで包めば一本で3回は使える。

何せ病院代にお金が掛かるので節約に必死だ。

もう1つ、ヒアレインミニには0.3%が存在する。

これは、ヒアレイン0.3%の防腐剤が入っていないバージョンである。

しかし、処方してもらえるのは、膠原病(自己免疫疾患)といった重度の人だけだ。

このような縛りは、あまり意味がないと思う。

レーシックの後遺症によるドライアイにはヒアレインミニ0.3%が処方されるように薬事法を改正するか認可して欲しい。

それぐらいドライアイに困っているのだから。

ヒアレインミニ

ソフトサンティア

ソフトサンティアは普通に、薬局で医師の処方箋なしで購入出来る。

1ケース600円ぐらいで4個入っている。
こまめに注すとドライアイに中々効果がある。

但し、効果は15分ぐらいしか感じない。
注して直ぐは液が溢れるため潤うが、涙点から流れて直ぐに乾いてしまう。

ここがヒアレインとの大きな違いだ。

しかし、副作用が涙の成分なのでないに等しい。

ただ、油分も流れるから余計に乾く気もするが、結局は一時的な効果だ。

昔は点眼薬など注すのは数年に一回ぐらいだった。

恐ろしい。

ソフトサンティア

ヒアレイン

レーシック後のドライアイは神経を切るため涙の反応が悪くなる。

半年は神経が戻り正常になるまで掛かるらしい。

そんな時はヒアレインの0.1%を使っている。

注すと目にしっとりとした液がのって数十分は潤う。

しかし、それでもドライアイが治まらないのでヒアレインの0.3%を眼科で処方してもらった。

これはヒアレイン0.1%と比べ物にならないくらい。

ベタベタに潤う。というより、ヒアルロン酸のジェルを目に入れた様な潤いが数時間は続く。

1日4回~6回注せば1日中ヒアルロン酸で潤ったままだ。

ただ、ヒアレインは合う人と合わない人がいると眼科医が言っていた。

自分は合う感じなのでドライアイに使い続けてみたい。

ヒアレイン0.3点眼薬

レボカバスチン

相変わらずレーシックの後遺症による眼精疲労とドライアイが続いている。

最近、慣れて慣れつつある。

しかし、花粉症が酷くアレルギー性結膜炎で赤く充血している。

普通の目ならまだしも、この状態で花粉症がプラスされると目が痛みと充血で強い。

眼科でアレルギー性結膜炎といわれてた。

レボカバスチン点眼薬を処方された。点眼薬を使うと充血をきれいに治る。

しかし、眼精疲労は決して消えない

レボカバスチン