レーシックの真実

  1. TOP
  2. レーシックの体験談
  3. レーシックの失敗体験談

レーシックの失敗体験談

レーシック後の後遺症にドライアイがある。

これは何ヵ月経とうが何年経とうが突如として発生する場合がある。

レーシックの失敗でもなければ、ごく当たり前に起こりえるデメリットととも言える。

下記の画像はレーシック後の角膜の様子です。

フラップのヒンジが見えます。

特に炎症や角膜びらんができているわけではないのですが、表面に何とも言えないヒリヒリ感のドライアイが発生することがあります。

画像は医師から言わせて見れば、特に問題はなく良好のようです。

しかし、どれだけ年月が経とうとも完全には完治することは無さそうです。

レーシック後の角膜

レーシックの後遺症

今になって、初めてレーシックをして良かったと思うようになった。いや、もうそう思うようにしている。

眼科の視力表では1.0まで視力も落ちてきている。

術後ようやく安定してきた感じだ。

+0.75Dから-0.25Dまで両方とも落ちてきた。

パソコンの使いすぎか遠視眼鏡のお陰かわからないが、+0.75Dと-0.25Dは格段に目の疲れが違う。
ようやく脳も慣れてきたのだろう。

初めからこの状態であれば本当に良かったのだが。

いずれにせよ、ドライアイジクアス点眼薬で何とかなりそうなので、このまま様子を見よう。

将来、手術して元に戻せるIPS細胞が開発されることを願う。

レーシックの過矯正

レーシック手術後に過矯正になったらまずは3ヶ月は様子を見たほうが良い。

自然とエキシマレーザーで削った部分ががいくらか再生されて、遠視が吸収されて丁度の視力に普通はなる。

しかし、遠視が残って眼精疲労が出てきた場合はやはり遠視眼鏡は必須である。
100均の老眼鏡を試したがやはり安物で逆に目が疲れる。

東京にある老舗の眼鏡店は良い。

チェーン店の眼鏡やより、高いが資格をもったちゃんとした眼鏡屋で作った眼鏡は全然性能が違う。
視軸のズレや遠視角度まで調べてくれて、しっかりとした眼鏡を作ることが出来た。

もっていた眼鏡フレームがあったのでレンズだけ+1Dのレンズを作った。

使うと近くを見るのに目がもの凄く楽になる。

新聞、資料、パソコンの時に使うとやはり眼精疲労にかなり効果がある。

レーシック後の過矯正は視力が2.0見え過ぎて、眼精疲労が酷く現れる。

しかし、視力が徐々に下がっていく、ブログの合併症のページで書いたが、レーシックで角膜を削っても、早い段階で角膜実質が一部再生されるために起こる三か月以内の戻りと角膜が徐々に軽度に前方偏位していき、視力が下がっていく、2パターンが主のようである。

視力の再低下は、一般的な患者自身が、角膜が徐々に軽度に前方偏位していくために視力が落ちるなどとは思ってもいないだろう。

ごくごく、一般的で医療関係者から言わせると当り前のようである。

レーシック後のドライアイはジクアス点眼薬で何とかしのげるのでようやく普通に仕事が出来そうな気がする。

レーシックの過矯正

最近、仕事をしていても目の事ばかり考えて仕事に集中出来ないばかりか回りの同僚と話しをするのも辛い。

辛い。あまり、付き合いも無くなってきた。無縁社員に突入か。部長を見ると目がギラつく。

10メートル先のカレンダーまで余すとこなく3.0は見える。見えすぎだ。気が狂いそうになりながら、ムコスタ点眼薬を指してみた。

炎症を押さえてムチンを出すらしいが。普通の目ならしっとり来るだろうが、全く効果がない。

辛い。指すと真っ白の液で目の周りが気持ち悪い。仕事中に目薬を指すと怖い。これは、人前では指せない。

眼精疲労の後遺症

会社では、まともに仕事が出来なくなった。

しかしもって、回りは目が痛いと言って分かる人なんていない。

正直、発狂しそうだが。このレーシックの目では働くことも、もうあまり長くは続かないだろう。

会社では、ジクアスを使っている。指すと涙が沸いて来る感じだ。

普通の目ならウルウルだが、レーシックの過矯正の目には眼精疲労には全く効果がない。

頭痛がする。机をひっくり返したい気持ちを押さえて、耐える日々だ。有給を使うか。

レーシックの遠視

目がきついので眼科に行ってきた。

まともな医者だが、遠視だけど生きていけるレベルといわれた。遠視は目が調整して吸収するでしょうとの事だが、一瞬頭が真っ白になった。

普通の眼科では、ハイさっさで終わりなのだ。

一応、レーシック後一年間は、レーシック関係では保険が本当は使えないらしいが辛そうな姿を見て、3割にしてくれた。

本当に恐ろしい手術だ。

プリズム眼鏡と遠視眼鏡

眼鏡やに行ってきた。ちゃんとした老舗の眼鏡屋だ。

やはり、計ると+1Dの遠視だ。

過矯正、どれだけ削ってこんなんになるんだ。1.0見えれば十分だか。激しく見えるようにして、きつ過ぎる。

おまけに遠視のせいで、視軸がズレてきている。

プリズム眼鏡をはめるか、遠視眼鏡を作るか、レーシックしたのに眼鏡とは、何の意味もない。

レーシックの医師

相変わらず、医者は目は絶好調ですね。と言うが、こちらは是っ不調極まりない。

怒りそうだが、アルバイトの医者に何いっても仕方ない。というより、目がもうダメ。

それにしても、金儲けで人の目を削って視力を上げるとはなんと言う商売だ。
クリニックも患者何て、お金にしか見えないだろう。

失敗した。まともな医療機関ですべきだった。

入れ替わり立ち替わり、一貫した医師がいない。

レーシックの眼精疲労

レーシックして、視力表は2.0は余裕で見える。

更に後ろに下がれば3.0は余裕で見える。
つまりは、マサイ族並に見えるわけだ。
視界はギラギラしている。目は常に眼精疲労が付きまとい。
まともにパソコンが無理になった。

エクセルを使えば20分で目が発狂しそうになら、パソコンをデスクから引き抜き窓から投げ捨てたいぐらい、目が辛い。

レーシック前はこんなこと一度もなかった。

目で悩んだことも無かった。

頭がいかれそうだわ。

レーシックの後遺症

レーシックをしてから、本当に地獄過ぎる。何度、後悔して手術前に戻れたらと嘆いたことか。

今では夢の中でもレーシックにうなされる日々だ。

死にたい。だがこのままじゃ終われない。

今ここからレーシック難民 失敗、後遺症の体験談ブログ始まる。