レーシックの真実

  1. TOP
  2. 合併症
  3. レーシックの問題点やフラップの皺

レーシックの問題点やフラップの皺

手術合併症

他の外科手術と同じ様に、レーシック手術にも失敗か後遺症か、生活するのも辛い合併症があります。

まず、レーシックはフラップという蓋のようなものをマイクロケラトームかイントラレーザーを照射して、角膜に作成する。

そして、エキシマレーザーを照射して屈折を変える手術です。

このレーシックの合併症には大きく分けて二種類あります。

フラップ作成の際に起こる合併症と、エキシマレーザーを照射する際に起こる合併症です。

フラップの失敗

フラップに関する合併症を以下に記載します。

  • 作成の途中に穴が開いてしまうボタンホール。
  • 不整フラップ
  • 薄すぎるフラップ
  • フラップが完全に取れてしまうフリーキャップ
  • その他不完全フラップなどです。

これらはレーシックの手術に使用するマイクロケラトームの不備によることが多い。

術後に起こる合併症を以下に記載します。

  • フラップのシワ
  • フラップのずれ
  • 角膜上皮迷入
  • 層間角膜炎

などが生じることがある。

特にイントラレーザーにおいては溶解してフラップを作成するため、熱量も強く炎症が出やすくドライアイになりやすいのが欠点です。

いずれの原因も角膜不正乱視の原因になり、術後の視力の安定を妨げる要因になる。

イントラレーザー

エキシマレーザーの失敗

エキシマレーザーの照射に関しての合併症を以下に記載します。

  • 照射のずれ(偏心照射)
  • 不均一な照射

いずれもレーシック手術後の視力障害の原因になります。

フラップ皺

レーシックにはフラップの後遺症がつきものである。
クリニックからすると、フラップがズレることは、ないと強調されている。

実際に、フラップは、目を強くぶつけるぐらいの衝撃が無い限りは、擦ろうが瞬きぐらいではズレない。

これは、間違いない医学的根拠がある。

しかし、問題は皺については触れられていないということである。
フラップのズレについての問題ばかりが取り上げられるが、本当に頻発するのはフラップの皺の問題である。

フラップは、薄ければ薄い方が良いと思われているし、イントラレースだと、100μmが一般的である。

しかし、薄ければ良いものではない。
皺は、簡単に入るものである。
皺が入ったからといって、時間が経てば固着してしまうので、フラップを剥がして伸ばすことは容易ではない。

しかも、そんな面倒くさい手術をやってくれるわけがないので、皺が入れば我慢するしかない。

フラップの縦皺、横皺と色々あるが、発生した場合は、我慢しかない。

よって、瞬きをしていれば、自然とシワも伸びて緩和されますと言われるのがオチである。