レーシックの真実

  1. TOP
  2. 合併症
  3. イントラレーザーとケラトーム

イントラレーザーとケラトーム

イントラレーザー

マイクロケラトーム

金属の歯を往復運動させて水平方向に切る。

マイクロケラトーム

フラップの端がなだらかな曲線になり接着力が弱い。

フラップの周辺部分が厚く中心部が薄い。

繊維組織のダメージがなく、術後のドライアイがイントラレーザーに比べて比較的安全である。

イントラレーザー

コンピューター制御のレーザーで縦、横、斜め方向に角膜の切開が可能

イントラレーザー

フラップの端がマンホールの蓋のようにはまり接着力が高い。

フラップの厚さが均一で滑らかな切開面

一見滑らかに見えるが、1スポットあたりのエネルギーが非常に強いため、繊維組織の溶解を起こす。

組織レベルでみると、イントラレーザーは、周辺組織への障害が強い。

角膜を削ったところに、エキシマレーザーを照射。光の屈折率を変えることで、視力を上げるのが、レーシックの基本的な仕組み。