レーシックの真実

  1. TOP
  2. 合併症
  3. 合併症について

合併症について

合併症

レーシックの合併症

レーシックの失敗、後遺症、合併症は、執刀医の熟練度や機械装置の精度によって現在は減少してきている。

しかし、レーシックに、どうしても避けることのできない、致命的な問題点がある。

ドライアイ

レーシックのフラップ作成により、角膜の知覚神経は切断され、角膜知覚は低下する。

6ヶ月経っても完全には神経は再生されない。

そのため、角膜表面のバリア機能は低下して破錠する。

そして、知覚の低下により、涙の分泌が減少してドライアイの状態が続く。

角膜強度の低下

レーシックにより角膜が薄くなり、強度が低下してしまう。

それにより、角膜の前方偏位が見られる。

酷い場合は、不正乱視が生じて角膜移植が必要になります。

軽度の場合でも、近視が戻ったり、再近視化の原因となることから注意が必要です。

視機能の低下

レーシックによって、裸眼視力は上がるが最高矯正視力は低くなることが多い。

特に実生活で視機能を反映するコントラスト感度は必ず低下する。

近視の矯正が大きい人ほど、このコントラスト感度の低下は著しく、術後に何となく見えにくいと訴える人が多い。

眼圧測定が困難になる

レーシックにより、角膜の強度や曲率が変化してしまう。

それにより、眼圧の測定が不正確となる。

具体的には、眼圧は低く見積もられて、緑内障や高眼圧が見逃されてしまう危険性がある。

近視は緑内障の危険因子なので、レーシックの手術後に患者が年を取って高齢化していく将来に、大きな問題になる。

現時点では、どんな方法をもってしても、レーシック後の眼圧を正しく測る方法はない。

眼内レンズ度数計算

レーシックの矯正した目では、眼内レンズの度数計算が難しくなり、白内障の手術の際に同数が狂ってしまうことが非常に問題である。

白内障の手術後に遠方視力の度数がずれてしまい。患者の不満は強くなってしまう。

時には眼内レンズの入れ替えが必要になってくることもある。

角膜の屈折力を正確に測れないのが、一番の原因である。

角膜感染症

ごく稀ではあるが、術後に感染症が発生することがあり、早急な処置を行なわないと、視力障害などの重傷なケースを招く恐れがある。

最悪の場合は、角膜移植が必要となる。

なお、適切な機器のメンテナンスや衛生環境をおこなっていれば、起こることはまずない。