レーシックの真実

  1. TOP
  2. 手術について
  3. 大学病院(医大)でのレーシックとは

大学病院(医大)でのレーシックとは

大学病院(医大)でのレーシックとは

大学病院(医大)でのレーシックとは

大学病院の眼科でもレーシックは行われている。
ごくごく一部の医大ではあるが医療としてレーシックを提供している。

このことは、その医大で医師を志す学生や医療現場の医師が適切にレーシックのことを熟知する機会として、大いに活用されている。
このような病院では、術後の後遺症を抱えた人に対して適切な対応ができると期待されている。

現実的に見ると、レーシック手術の料金は高い。
50万円は下らないのが現状であり、本来は機器の設備費用からしても50万円程度は妥当な値段であると思える。

大学病院ではイントラレースを使うところはまずない、手術方式によって値段が変わることもないので安心である。

イントラレースは、角膜への繊維ダメージが強く溶解が起こりやすいため、術後にドライアイが強い。
逆にマイクロケラトームは、カンナで切断するため組織へのダメージが少ない。

要するに、フラップを溶かして作るか、刃でスライドして作るかであるが、ケラトームを採用している大学病院が殆どなので、この点は安心できる。

ケラトームでのフラップ作成はある程度熟練した技術が必要であるので、研修や経験を積んでいる医師がいる医大は信頼はできる。

ここまでくると、火の打ちようがないのも事実であるが一つ問題点がある。

それは、エキシマレーザーの性能である。
やはり、日本の機関とあって国産を採用している。

もちろん、エキシマレーザーに問題はない。
日本の技術はすばらしいものがある。

しかし、エキシマレーザーは、ドイツ製やアメリカ製がトップであり、日本製はまだまだマイナーな部類である。

性能も、照射時のトラッキングや照射時間を考えれば、まだまだドイツ製と比べれば、これからの性能アップが必要である。

しかしながら、日本製のエキシマレーザーは、何度もバージョンアップを重ねており、手術に関して成功していることが大多数である。

いずれにしても、手術には良い点とリスクがあり、完璧ではないので、翌々考慮して欲しい。