レーシックの真実

  1. TOP
  2. レーシック失敗と過矯正の体験談
  3. レーシック後のドライアイと視力低下

レーシック後のドライアイと視力低下

レーシック後のドライアイと視力低下

今日はコンビニへ支払いに行きました。レーシックを失敗して退職して以来、国民年金を払わないといけなくなりました。
厚生年金を抜けてから、しみじみ仕事をしていた時のありがたさを感じました。

コンビニで昔の友達に会った、向こうも気づいていたけど、何も話さず出て来てしまいました。
レーシックの後遺症が原因で色々な人との人間関係が希薄になったなと実感した日です。

帰りに大型書店で、レーシックの本を読んできました。
一般向けはレーシックのメリットを強調する本が多いけど、医学の医師向けの書籍はデメリットをしっかり書いてあり驚きです。

本の値段も1万や2万と高いけど、内容は濃いです。もし、この本をレーシックの手術前に読んでいたら、また方向性が変わっていたかなと思うと後悔してます。

眼科医師用の本にはレーシックのドライアイの後遺症が書かれてあり、一度切断した角膜の神経は完全には元に戻らず、半年経っても回復しない場合は、一生残ることもあるそう。

更に、近視の戻りについで詳しく書かれていました。
私が眼科のパンフレットで見た時は再近視化について、屈折性近視と軸性近視で視力が低下すると書かれてありました。

つまり、レーシックで視力が1.5になっても、近くを見る生活を続けていれば新たな近視が発生するので気をつけましょうということですが、実際はレーシックで削った凹が長年掛けて○に中の圧力で戻るのが一般的だそうです。

完全に凹が元に戻る訳ではないけど、5年、10年とたってくると多少の近視化は普通みたいです。
だとしたら、過矯正の遠視角膜も長い年月が過ぎていく内に、視力が落ちて、最適な目が疲れない位置に戻る可能性もあるなと思っています。

一度、眼科専門医の書籍は見る価値大です。

2012/11/10

レーシック後の過矯正にデパス、セルシン、ヒアレイン

レーシック後のドライアイに効果がもっともあったのがヒアレインの0.3%です。

目薬を注すと、目がベタベタに潤うので、一時間ほど痛みが和らぎました。
しかし、レーシック後のドライアイは非常に頑固ですので、ヒアレインだけでは到底対処出来ないのが現状です。

目の突っ張り感や痛みが体から、緩くなって良くなるには、デパスやセルシンが特に痛みが取れて良かったです。

デパスは飲むと過矯正の見えすぎで起こる眼精疲労や目の圧迫感が一時的に緩くなって楽になります。
飲み続けていると、毎日の生活が楽です。
けど、いつまでも飲み続ける訳にもいかず、飲み続けていると、眠くなって、体がぐったりとしてきます。

セルシンもレーシック後の辛い症状の時に飲むと楽になりました。
効き方はデパスが即効性で目の痛みが楽になるなら、セルシンは持続的に効く感じなので、毎日飲み続けていると、目が楽です。

どちらも微妙に薬の効き方が違って、試しています。
でも、基本的に飲みたくないから使い時に飲んで、普段はドライアイの目薬のヒアレインを使って凌いでいます。
少しずつでも良いので、過矯正の症状が和らいで、視力が下がっていくことを願うばかりです。

2012/10/27

レーシック失敗後の人生

レーシックを失敗して、仕事を退職してから、収入がなくなり、一人暮らしのため不安になりました。

取りあえず、雇用保険を貰うことにしました。病気で辞めた場合は、すぐに雇用保険を貰えるのですが、私はレーシックの後遺症で辞めたので、どうしても眼科から診断書を書いてもらいたかったのですが、書いて貰える病院がありません。

そのため、最終的に精神科でうつ病と書いてもらざる終えませんでした。
雇用保険は受給できましたが、この過矯正とドライアイの症状をもって働ける職場はありません。

体は健康でも、目が辛くて就職しても続けていけないためです。どうしても、目が眼精疲労と痛みで日常生活もままなりません。

レーシックは成功している人も周りで多くいるので、全てを否定できませんが、失敗すると働けなくなり、生きて行くことが困難になります。

その後、三ヶ月で雇用保険は終了して、貯金を切り崩して、生活することになりました。
実家も地方で離れて、親も高齢者のため、一人暮らしの私は生活していくことができません。

半年ほどで貯金も少なくなり、家賃や食べ物にも困るようになります。
途方に暮れていた矢先、生活保護を申請してみては友人に助言を貰いました。

2012/10/25

レーシック失敗と過矯正の体験談より