レーシックの真実

  1. TOP
  2. レーシック失敗と過矯正の体験談
  3. レーシックのハログレア

レーシックのハログレア

レーシックのハログレア

仕事帰りに渋谷にいったり、自由に過ごしていたのですが、レーシックを失敗して以来、目の疲れが酷くて、すぐに帰宅するようになりました

何をするにも、何を見るにも目が必要なので、ものすごくハンディーを背負ってしまい、普通に出来ていたことが何も出来なくなりつつあります。

メトロに乗っていると、電車の中でも始終目がどこまでも見えて疲れてきます。
ちょっとのストレスが目への負担になるため、殆ど家で過ごすことが多くなってきました。

色々と目薬を使っているものの、何も効かない。
普通はドライアイなら、ヒアレインとかで効くんですが、目の神経が切れているので、普通のドライアイとは比べものにならないのかもしれません。

街の明かりも凄く眩しくてハログレアが出てきます。
これは、懐中電灯を当てられているような眩しさで、対向車が特に眩しくて仕方がありません。

ただ、毎日ハログレアを見てると何が正しい景色かわかりませんが、脳が慣れてきてあまりハログレアを嫌と感じなくなくなりました。

いずれにしても、レーシックを失敗すると日常生活が困難になっていきます。

2011/06/23

レーシックの過矯正に遠視眼鏡

過矯正に対処するには、遠視眼鏡が効果がありました。
視力が±0Dでも過矯正の症状が現れて眼精疲労が出てきます。
レーシックを受けた目は、人によっては脳が視力に適応できずに、視力が正視でも、眼精疲労が出てくるようです。

酷い場合は目の視軸がずれてしまい、斜視になる人もいます。

眼鏡は、色々と試しました。
1段階下げる遠視眼鏡、サングラス、PC眼鏡。どれも効果がありませんでした。
ちゃんとした眼鏡屋さんで、視力が0.6ぐらいになり、生活が何とかできる程度の見え方の眼鏡を作ってもらいました。

最初の内こそはそれほど効果がありませんでしたが、少しずつですが数ヶ月掛けて、眼精疲労が楽になりました。

遠視眼鏡

2011/06/16

レーシック手術後のドライアイ治療法

レーシックをすると、一時的にドライアイになります。
表面がヒリヒリと痛む症状です。

半年ほどで角膜の神経が再生されるとのことですが、完全には再生されないために、人によっては一生ドライアイが続きます。

常に、目が乾いて、涙が出ても痛む状態です。
涙の質が悪いとか量が少ないなど、それ以前にレーシックが原因であるため、どうすることもできません。

以下に使用した目薬の感想を書きます。

ヒアレイン

しっとりした液が目に被さり、一時的に目が潤う。ヒアレイン3%はベトベトになるぐらいの液で目の乾燥を防ぎます。

ヒアレイン

ムコスタ

白い絵の具のような液で胃薬の成分でした。目の傷を治すのに効果がありました。

ムコスタ

ジクアス

注すと自然に目から涙が溢れてきます。自分で実感するぐらい涙の量が増えてきます。

ジクアス

ソフトサンティア

普通に薬局で買える1本200円の目薬です。防腐剤が入っていないため、頻繁に注すことができます。涙と同じ成分です。ただ、注しすぎると逆に油分が流れてしまうので、適度がよいようです。

ソフトサンティア

市販の目薬

爽快感があり効きますが、防腐剤が多く含まれているので長期使用はできないかもしれません。

ドライアイ目薬

色々な点眼薬を使いつつ、日々凌いでいます。

2011/06/05

レーシックの過矯正をデパスと筋弛緩剤で緩和

レーシックを失敗して、過矯正になると目が眼精疲労で疲れてきます。
過剰な目の筋肉の圧迫感をほぐすためにも飲み薬は効果がとてもありました。

以下は効果があった薬です。

デパス

気持ちが落ち着く安定剤ですが、目の筋肉を弛緩させて眼精疲労にとても効果があります。
ただ、眠くなります。しかし、使うと過矯正の目の筋肉が解放されて楽です。
ただ、長期にわたって使い続けると依存症が出て、辞められなくなったり、より量が多くなるので、他の筋弛緩剤と組み合わせて、酷い時に飲む方が良いようです。

デパス

ミオナール、アロフト

筋肉を弛緩させる薬です。目の筋肉が弛緩されて凄く楽になります。効果が出るのに3.4日掛かりましたが、飲み続けると非常に楽になりました。
副作用も殆どなく長期間のみ続けられます。医師が言うには一生飲み続けても問題ないくらいに安心な薬だそうです。
筋肉のこりがほぐれて、痛みが和らぎました。

ミオナール

テルネリン

筋肉を弛緩させる薬ですが、他の薬より非常に強力です。目の筋肉のこりが強くほぐれるので効果が大きいです。その反面、副作用も若干あるので注意も必要でした。

テルネリン

薬の弛緩の強さは様々ですが、強さの順は、ミオナール、アロフト<デパス<テルネリンでした。

普段は、ミオナール、アロフトやデパスを飲んで、眼精疲労がとても辛いときにテルネリンを飲むと非常に楽でした。

レーシックの過矯正は一生付き合っていくことになるので、上手く薬を利用しています。

2011/05/30

レーシック失敗と過矯正の体験談より