レーシックの真実

  1. TOP
  2. レーシック失敗と過矯正の体験談
  3. レーシック失敗

レーシック失敗

ドライアイとレーシック難民

レーシックを失敗してから、ドライアイが酷く涙液専門の眼科にいきました。

診察では、右目が若干ドライアイの症状があるものの、対したことはないそうです。
見た目には異常はなくても、辛いのは辛いのですが。

取り合えず持っているドライアイの目薬で様子を見ることになりました。
レーシックのフラップも見た目にはわかるけど、綺麗に収まっているようです。

でも、レーシック後のドライアイは、神経を切るので完全には元に戻らず、そのままドライアイが残ったまま一生続くこともあるみたいです。

私としては、失敗ではないのかと思ったのですが、先生から見れば全くの成功で問題はないようです。

レーシックの後遺症は、見た目には問題がなくても、目を削っているので、何が起こるかわかりません。

だって、目に埃ひとつ入っただけで、角膜がチクチクするぐらい敏感なのに、それをレーザーで削るのだから、何が起きても、今後どうなるかもわからないと思います。

原因がわからないだけに、過矯正やドライアイになると大変なことになります。

眼科では、対処法がないだけに、色々な病院を転々とするから、レーシック難民と呼ばれる人が増えて来ているのかなと思いました。

2011/05/10

レーシック失敗による過矯正とドライアイ

過矯正とドライアイが酷くなり、日常生活に支障をきたしました。見えすぎると言うことがこれほどまでに辛いとは思ってもいませんでした。
今の世の中で、目は近くを見ることが多いので、逆に見えすぎると大変なことになります。

レーシックを受けたクリニックでは、失敗ではなく成功であり、目も良く見えていると対処して貰えません。

私自身も見え方に関しては失敗だとは思っていませんが、過矯正やドライアイの症状が酷くてどうしようもないのです。

手術後に様々な病院に行きました。
眼科、内科、神経外科、脳外科、精神科、整形外科
どこにいっても、症状の原因は分からず。

眼科に関しても10以上の病院を行きましたが、視力も良く見えていて問題ないと言われて、どうしようもありません。

再手術で治せるわけでもなく。ましてや、レーシックの再手術をしてくれる病院もないのが現状です。取りあえず祈ることぐらいしかできなくなりました。

2011/05/02

レーシック失敗による過矯正とドライアイ

レーシックをしてから、一週間ほど経つと視力は.2.0まで上がり、もの凄く見えるようになりました。
しかし、仕事で事務作業やパソコンを見るときに目が疲れて、過矯正の症状が酷くなってきました。

遠くが見えすぎるのは良いことですが、逆に近くも見えすぎて、こんなに目が眼精疲労になるとは思っても居なかったです。
決して、手術が失敗だったとは思いませんが、成功した=安心とも言い切れないのです。
ましてや、コンタクトレンズなら簡単に一段階上げたり、下げたりできますが、レーシックは一度受けると二度と変えることはできない。元に戻せない手術だと今更ながらに気づくと共に猛烈な後悔が襲ってきたのです。

クリニックの検診では、特に問題はありません。
視力も±0Dでオートレフは完璧であり、視力も2.0で成功で、医師としても全く問題ないとのことです。

しかしながら、目が過矯正で疲れます。
ドライアイも酷く、目が痛いものの、フラップを作る際に角膜の神経を切ったためなので、半年ほどすると再生されて良くなると言われて我慢しました。

2011/02/11

レーシック失敗と過矯正の体験談より