レーシックの真実

  1. TOP
  2. 手術について
  3. 緑内障とレーシック

緑内障とレーシック

緑内障とレーシック

緑内障の人にレーシックを適用できるのか、また、レーシック手術後に、緑内障になっても問題が起こらないかという緑内障とレーシックの関係についてです。

近年のようにレーシックの術式が高いレベルで確立される以前までは、緑内障の人に屈折矯正手術を行う事は、禁忌とされてきました。しかし、技術が確立された近年においては、多くの問題が解決され、レーシック手術を適用できる場合も多くなっております。

緑内障の方への治療

緑内障の人に、レーシック手術を行うべきではない理由としてあげられるのは、フラップを作成する際に眼球を固定するために吸引圧をかけることが、眼循環(眼の血液の循環)を阻害し、眼に負担をかけるということです。
しかし、技術的な工夫(イントラレーザーを使用してフラップを作成するなど)を行うことにより、この吸引圧を、必要最小限に抑えることが可能となりました。但し、あえてリスクを犯してまで行うべきではありません。緑内障の人に本当にレーシックが必要かどうか、慎重に判断すべきです。