レーシックの真実

  1. TOP
  2. 掲示板
  3. レーシックの失敗と後遺症

レーシックの失敗と後遺症

レーシック手術の2週間目 失敗?

レーシックの手術後の現在、視力が見えすぎて慢性的に眼精疲労が続いています。
失敗ではないのかと薄々思ってきました。

近くを見る時は、よりピント調整が必要なため目が疲れます。

イントラレーザーは、一部で炎症による層間角膜炎が発生しやすく、組織へのダメージも大きいと聞いていたため、今になってケラトームにすれば良かったかなと、後の祭りのように考えています。

ただ、術後には一時的な遠視状態になるとのことだったので、視力が完全に安定するのは3ヶ月掛かるとのことです。
検査では、今回も両目+0.5Dです。

今回の検査で、遠視用の眼鏡を手に入れました。
これで、過矯正の様子を見ようと思います。

しかし、この分厚い虫眼鏡のような眼鏡はホントにケント・デリカットのようです。

レーシック手術の3ヶ月目 失敗?

レーシック手術から3ヶ月が経ちましたが、以前過矯正による慢性的な眼精疲労が続いています。
すでに視力は安定しましたが、以前+0.5D程の遠視のままです。
現在、朝は、目がカラカラでドライアイもMAXです。

検診では、大丈夫です。と問題ないですと言われてマイティアを渡されるだけです。
最初に執刀した医師は、どこにいるんでしょうか?
毎回違うお医者さんばかりで、その度に一から説明しないとダメで、それだけで時間が過ぎてしまいました。

レーシックは、戻りを想定して、余分にレーザーを打つことが有りますが、私の場合は戻りがなくそのまま過矯正が残ったみたいです。

以前はめていた眼鏡が-0.5D程度に成る眼鏡だったので、今視力が+0.5Dなので、1D以上強い眼鏡を掛けている状態です。

このままでは、仕事もままならないのでセカンドオピニオンを受けようと思います。

レーシック後のセカンドオピニオン 失敗?

セカンドピニオンでは、詳しく検査してもらいました。

ミドリンを点眼し、散瞳によって改めて自分の屈折視力度数を測ってもらいました。
この目薬を点眼すると、瞳孔が開くためにハロ症状の様な状態が現れ、明るいところでは光が異常に眩しくなります。
半日はこの状態が続きました。

しかしながら、視力度数は現在両目+0.75程度の遠視でした。
レーシックによって視力が上がったために現在の屈折度数に目が付いていかないとのことです。

そのため、遠視用の眼鏡を処方してもらいました。

+0.75Dの遠視眼鏡です。
今まで、虫眼鏡のような遠視眼鏡+1.5Dをたまに掛けていました。
海外製の安物だと思います。全く調子は良くなりませんでした。

今度は、眼鏡市場でちゃんとしたレンズを作ってもらいました。
この眼鏡で眼精疲労が良くなるのか試してみようと思います。

現在の主な症状は

  • 眼精疲労
  • ドライアイ
  • ハロ・グレア

この症状が上から順に酷く、気が滅入ります。